TOP > 家づくりサポート > 気になるお金のこと

気になるお金のこと

ファイナンシャルプランナーと考える
マイホーム計画

家づくりにおいて一番気になるのは「総額でいくらかかるのか?」という、お金のこと。
ほとんどの人にとって、家づくりは一生に一度あるかないか、大きな買い物となるでしょう。
しかし初めての経験ですからわからないことばかり。

家づくりのお金

家づくりのお金についてわからないことの例

  • 「住宅会社によって金額は変わるの?」
  • 「坪○○万円ってみるけど、他にはかからないの?」
  • 「実際にかかる費用は?」
  • 「自己資金はいくら必要なのか?」
  • 「住宅ローンは?」
  • 「実際いくら借りることができるの?」
  • 「税金は?」

何から考えたらいいのか不安でいっぱいではないでしょうか。
しかしそのような思いを抱くのはごく普通のこと。

マイホームを計画する上で最大のポイントは、余裕を持った正しい資金計画です。
また、実際に住んでからの光熱費も大切なポイントになります。

まずは家づくりに必要なお金について見てみましょう

家づくりに必要なお金

総予算が総費用を上回るように

自己資金の足りない方もお気軽にご相談ください

自己資金+住宅ローン+(贈与)が家づくりの総予算となります。この総予算が総費用を上回るようにします。
一般的に自己資金は総費用の2~3割をご用意いただくのが望ましいとされていますが、
自己資金が足りなくても可能な方法もありますので、まずはご相談ください。

住宅ローンは[いくら借りられるか]ではなく[いくら返せるか]です

住宅ローン

現在の家賃と同じ金額でローンを組み、残りをボーナス払いというのは、健全な資金計画ではありません。

収入をもとに、生活費、養育費、生命保険、住宅のメンテナンス費など、支出の割合を考慮した上で、資金計画をたてることが大切です。

建てるときはつい気持ちが大きくなりがちですが、長い年月を経て返済することをしっかり考えなければ、せっかく手に入れたマイホームも手放すことになってしまうでしょう。

専門家があなたに合った資金繰りをアドバイスします

資金繰り

収入が少ない、貯金がない、大きな借金に対するためらい、先行きが不安などの理由から家づくりを先延ばしにしているということもあると思います。

しかし少しのやりくりで、今以上の満足度をもって、毎日を楽しく・安心して・快適に過ごすことができるかもしれません。

正しい資金計画を立てるには、今どのような状態で収支のバランスはどうなのか、自分たちの経済状況を知ることです。改善が必要な場合はどのようにすべきか、客観的な目線から検討をすることで答えが見えてきます。

住宅専門ファイナンシャルプランナー

それらをアドバイスをさせていただく立場にある資産運用・金融の専門家が、ファイナンシャルプランナー(FP)です。

建築工房サトウでは、北海道でも少ない住宅専門のファイナンシャルプランナー(FP)と提携し、マイホーム資金に対する不安を解消できますよう、無料相談を承っております。

どうぞお気軽にご相談ください。

建てた後の生活もしっかり考えておきましょう

マイホームとは日常生活を過ごす舞台であって、建てることが目的ではないはずです。
進学・旅行・車の購入など、家族のやりたいことを諦めてまで家を購入することが幸せでしょうか?
光熱費や家のメンテナンス費用など、建てた後にかかる費用のことも忘れてはなりません。

一般的に考えられる大きな出費
住宅のメンテナンス費用
建築工房サトウが採用しているファース工法で建てる家は、エアコン2台だけで全室冷暖房できる省エネ・エコの高性能住宅です。効率的な空調管理により光熱費を抑えられるので、家計にも環境にもやさしい低燃費な住まいです。
2020年の法律改正により、日本では省エネ基準の住宅建築が義務化されます。ファース工法は現時点で基準となる住宅性能を大きく上回っています。
光熱費
日本の住宅の寿命は30年といわれておりますが、建築工房サトウでは、世代を超えて受け継がれる住宅を提供しております。耐久性の高い、地震に強い住宅です。
建築工房サトウが採用している「ファース工法」は国が定める品質確保促進法の劣化対策の最高等級「新築から75~90年間、構造躯体に使用している材料の大規模改修を必要としない」認定を受けています。

万が一の場合もマイホームに住み続けられます

ご家族 銀行 生命保険会社

住宅ローンの世帯主に万が一のことが起こっても、残されたご家族が住宅ローンに追われることはありません。
団体信用生命保険(団信)に加入していた場合、マイホームに暮らし続けることが可能です。

団体信用生命保険(団信)とは
住宅ローンを組む時に付随する生命保険です。
住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人(名義人)に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払う制度です。

無理なく、想いを叶える家づくり

ご家族の夢と幸せづくりの空間をご提供いたします。

マメ知識
心地よく暮らすための住まいのマメ知識
よくある質問
家づくりについてのFAQ
プロが教える!リフォーム会社とは
リフォームの知識と良い業者選び
気になるお金のこと
マイホーム計画を実行する前に必要なこと
土地選びについて
最適な土地をご提案いたします
プランニングについて
オンリーワンの家をご提案いたします
ページトップへ