株式会社建築工房サトウ株式会社建築工房サトウ
 

TOP > 会社紹介 > 代表プロフィール

代表プロフィール

佐藤佳弘のプロフィールと
お気に入りのアンティーク家具・雑貨

サトウのプロフィール

佐藤佳弘
生年月日
昭和25年 11年13日 生まれ
星 座
さそり座
血液型
B型
出身地
北海道砂川市
経 歴
昭和44年 北海道美唄工業高等学校 建築科卒業
家 族
妻 次女
座右の銘
想いは招く

サトウはこんな人です

きっかけ
小さい頃から手先の器用さを生かせるような仕事に就きたいと思ったのがきっかけでこの道に。
略 歴
工業高校卒業後、設計事務所と工務店勤務を経て27才で独立し会社を設立。以来、持っている経験・知識の全てを生かし、様々な家づくりに励む。
想 い
仕事に対して、「一棟入魂」を理念に、人一倍熱い想いを持っている。
仕事の仕方
打合せはしっかりとお客様の話を親身に耳を傾けながら、所々ジョークを飛ばし笑いを取るのが好きなユニークな面も。
性 格
性格は周囲が驚くほど真面目。また、努力家で、忍耐強い。自分の好きなことを仕事として好きだし、どんな事があっても一生懸命になれる。
やりがい
家づくりの大変さ、楽しさも色々ある中で、お客様の喜ぶ顔を見るのが一番うれしい。苦労が喜びに変わるこの仕事だからこそ、好きでいられる面も。

サトウのお気に入り

写真・アンティーク集め・音楽といった部分で、
サトウの様々なお気に入りのものをご紹介します!

一つ一つに思い入れがあるアンティーク雑貨たち
一つ一つに思い入れがあるアンティーク雑貨たち
コレクションというより、この強かな物達を現代のインテリアに生かす〝遊び心〟が楽しい。ショップや現地で購入したもの、人から頂いたもの、交換したもの、それぞれに思い出があります。ザ・ギブソン(今のギブソン)時代のギターやタイプライター小物など、今でも使えるのがスゴイ!
木や皮は温もりがいっぱい、それだけで部屋のアクセントに
木や皮は温もりがいっぱい、それだけで部屋のアクセントに
年代もの(そうらしい?)のタイムレコーダーや昔の郵便屋さんのバック、ダイヤル式の黒電話(アメリカ)は今でも使えます。呼び出し音は洋画サスペンスもの。
ひと目ぼれした飛行機
ひと目ぼれした飛行機
お店のディスプレイとして置かれていたものを何とか手に入れたいと、拝み倒したとか。今は我が家を飛行中。
父と娘の思い出
父と娘の思い出
サトウが何やら現場の端材で作ったカントリー風オブジェ?アゲハ蝶は、娘が小さい頃取った思い出の蝶、今も色あざやかに飛んでいるようです。
大工さんと制作
大工さんと制作
大工さん手作りのカントリー風CDラックと、サトウが作った葉のモチーフ入の鏡枠。思い入れのある家具の一つ。
カントリー風ラック
カントリー風ラック
大工さん手作りのカントリー風ラックに小物がびっしり。中にはBEATLESのミニチュアもあり、とても陽気な雰囲気。
お施主様からの頂き物
お施主様からの頂き物
左:お施主様手作りのふくろうの置物。今は我が家の玄関で見張り番?(でも眠っているし)。
右:鍵穴を通して、アンティークの置時計と、お施主様手作りの焼き物ワインクーラー
(SATOHネーム入り)を覗く。
希少価値を持つことの喜び
希少価値を持つことの喜び
“世界の名器”マーチンギター。知る人ぞ知る、エリック・クラプトンのシグネイチャー・モデル。指板の20フレット目に彼のサイン入り。それで、サトウの腕前は…?
懐かしい八角形の柱時計
懐かしい八角形の柱時計
鳴りわたるる音色は、昔聞いた懐かしい響き。
でも最近は、ゼンマイを巻くのも忘れ気味かな?
レトロと新しいものが調和する空間
レトロと新しいものが調和する空間
アメリカの家具屋さんに置いてあったものを購入。でも運賃の方が高く付いてしまった。アンティークは、懐かしくて不思議と新しさにマッチする。
ごあいさつ
代表取締役 佐藤佳弘のごあいさつ
代表プロフィール
お気に入りのアンティーク家具・雑貨
趣味の世界
プライベートで描いた油絵をご紹介
会社概要
建築工房サトウの会社概要
アクセスマップ
Google Map
雑誌掲載情報
住宅雑誌に多数掲載いただいております
ページトップへ